本文へスキップ

工事の進み具合progress

2020年10月15日 更生管 製管工

前処理工(既設管の補修等)が完了し、現在本施工に取り掛かっています。

1. 材料搬入

幅26.5p、長さ約6.8mの高密度ポリエチレン樹脂で作られているライニング材を帯状の形で入荷します。

2.ライニング材の融着

帯状のライニング材の両端を加熱して融着(溶かしてくっつける)して四角の輪を作ります。


3.補強材の取付け

補強材を取り付けています。

4.運搬準備

トラックで運びやすいように、またマンホールから入れやすいように折りたたみます。


5.製管状況

マンホールから入れたライニング材を展開して、下水管の内面に合わせて取り付けていきます。

5.製管状況

ライニング材の輪を一つ一つ繋いで、下水管を覆っていきます。


6.製管完了(1区間)

きれいに管内をライニング出来ました。

7.支保工設置

形が崩れないよう内側から支保工(突っ張り)をして固定します。
続きは次回掲載


2020年10月11日 早川堀通り定期清掃に参加しています。

8月23日 日曜日

地元の皆さんと道路の清掃、雑草取り。

8月23日 日曜日

水辺の掃除


9月13日 日曜日

植樹帯の芝刈り

10月11日 日曜日

地元の方々の継続的活動で、常にきれいな街並みです。


2020年7月3日 前処理工

セメント補修前

セメント補修状況

前回の洗浄・調査工で傷みが激しい箇所は写真の様な形で補修を行います。
老朽化が進んでいて補修箇所が多かったです。
この作業が完了すると本施工が始まります。
ちなみに今回耐震化を行う下水道ですが、新潟地震前に作られた下水道になります。


2020年6月19日 既設管路洗浄・調査工

洗浄状況

洗浄完了

今回耐震化を行う下水道を洗浄・調査しています。
調査の目的ですが、下水道の傷み具合を確認しています。
漏水等している箇所(傷みが激しい)は本施工する前にセメントで補修します。


2020年6月1日 現場事務所がたちました

現場事務所全景

手洗い場

現場事務所を設置しました。手洗い場所・トイレもあります。

工法紹介用の看板

プランター設置

工法紹介用の大きな看板も設置しました。
景観が良くなるようにプランターも置いてあります。
現場の近くを通った際は、見ていただけると嬉しいです。


2020年4月中旬 着手前