本文へスキップ

工法紹介construction method

クリアフロー工法

急曲線部管路への施工を可能にした クリアフロ―工法

フリー設計&スピーディ施工
クリアフロー工法は、高密度ポリエチレン製の帯板状であるライニング材背面に、補強鋼材を装着した更生材(CFエレメント)、および ポリマーセメント系
充てん材(CF充てん材)により複合管を築造する大口径管きょを更生する工法です。
本工法は、ライニング材 背面に補強鋼材を装着させて一体化することにより、管体強度の向上を図っています。
また、テーパーライニング材を使用すること により急曲線部にも適用でき、下水供用下においても管路内に大きな機械を搬入することなく施工できる工法です。
なお、本技術は 2019年3月に建設技術審査証明を変更取得しました。

施工の流れ

特長

継手部の耐震性UP(追従性)

急曲線部施工

耐荷能力UP